2017年7月13日木曜日

「高野線」(織田作之助作 1/6)

  九月三日の夕刻南海電車の高野線で死者七十数名という電車事故があった。


聴けば、乗客を満載した電車が紀見峠の谷底へ墜落したということである。
翌朝、同じ線の事故で数名の死者が出た。
この方は私の住んでいる土地のすぐ近くの荻原天神駅で起こった追突事故であった。
 その夕方、町へ出ようと駅に立っていると、柩を載せた電車があわただしく通過した。
柩の傍に棒のように突っ立っているのは、遺族であろうか。
悄然としていなければならぬ筈を、いずれも何か興奮していて、あわただしい生ま生ましさが通り魔のように黄昏の駅をかすめたのである。
 その速さはまるでその遺族たちの怒りにせき立てられているかのようであった。
運転手の不注意が原因か、車輛不完全だったかは知らぬが、防ごうと思えばあるいは未然に防げた事故ではなかったかというその人たちの怒りではなかろうか。
取りかえしのつかぬ思いの腹立たしさが殺気立たせもするのであろう。
そう思えば、そんな風にあっけなく死んでしまった人たちや残されたその人たちへの同情に、私の胸は温まるのだが、けれども、その前に、私の想いははや亡き妻の上に走るのだった。
 妻が死んだのは八月の六日だから、まだ一月も経っていなかった。
それ故、他人の柩を見てもすぐ妻のことが想われるのは当然ながら、けれども、眼前の七十いくつの柩よりも脳裡にある一つの柩の方に涙を注ぐというのは、これは一体何であろう。
妻の死は哀れとはいうものの、わが家の床の上で私の手に抱かれて息を引き取ったのであり、紀見峠の谷底へ電車もろとも墜落して死んだその人たちに較べるとはるかに幸せな死に方には違いないが、けれども私はその七十幾人の人たちよりも妻の方が真実かわいそうでならないのである。
夫婦の情の不思議さであろう。
(『織田作之助全集 5』講談社 昭和45年)

○ ○ ○ ○

1944年9月3日 高野山電気鉄道脱線転覆事故(死者71名・負傷者138名)
概要
 1944(昭和19)年9月3日(日)18時頃、和歌山県の高野山電気鉄道紀伊細川・上古沢間で、
 極楽橋発難波行列車(電車2両編成)が勾配を駆け降りて脱線転覆した。
原因
 電車が床下から火を噴いたため停車し調査していたところ、33パーミル(3.3%)の勾配で電車が動き出したため。
 ブレーキの取り扱いミスと見られる。
影響
 南海ファンの南海鉄道史に刻まれる。
 社史には一切の記述がないという。
 高野山電気鉄道は1947(昭和22)年3月から南海電気鉄道で、事故現場は現在の高野線。
(「抹香鯨の鉄道事故年表」より)

○ ○ ○ ○

1944年(昭和19年)9月4日
当駅(萩原天神駅)をオーバーランした長野(現・河内長野)発難波行き各駅停車がホームまで引き返した際に後続の三日市町発難波行き急行と衝突。
両電車とも大破し5名死亡。
(「萩原天神駅」Wikipediaより)

0 件のコメント:

コメントを投稿

申し訳ありませんが,日本語だけを受けつけますm(_ _)m