2016年2月13日土曜日

天気がもってくれました(^_^)v

カワラヒワにも雌雄の区別があり
雄の頭部は緑色味が強く,目先から嘴の付け根は黒っぽい」ので
この子は雄だと思うのですが…
警戒されているかな(^▽^)
 『身近な鳥の生活図鑑』に「スズメの語源」について

スズメという言葉が,我々のよく知るスズメを指していないのでは,という考えもあります。
柳田國男は,『野鳥雑記』の中で,日本全国でスズメが何と呼ばれるかを調べ,
たくさんの呼び名があることを示しています。
たとえば,サトスズメ,ノスズメ,ノキスズメなどです。
わざわざ「里(さと)」とか「軒(のき)」とかがついていることから,
「スズメ」とは,小鳥一般の総称として使われており,
必ずしも「生物としてのスズメ」を指していたわけではなのではないか,と述べています。

『枕草子』などのいくつかの古典文学の中で,
「雀」という表記がありますが,これらの中には,
前後の記述などから,明らかに今,

我々が知っているスズメだろうと思われるものがあります。
ですから,中央と地方,あるいは時代によって

「スズメ」が指すものが違っていたのかもしれません。
『自然観察シリーズ[20]<生態編>バードウォッチング』に

ジョウビタキ 上鶲 尉鶲 ヒタキ科(L:14.5cm )
スズメくらいの大きさ,つばさにある白い斑紋と赤っぽい尾が目立つ。
おもに冬鳥として北の地方から10月中下旬に渡来し,
農耕地,林縁,低木のある芝生,庭園,川原等,比較的開けた場所に住む。
冬の間はおすもめすも1羽ずつ,なわばりもって生活する。

渡来してしばらくは電線,テレビアンテナ,屋根,枯枝等にとまって,
ヒッヒッと鳴いてなわばりを宣言している。

木の実や草の実も食べるが,低い枝,くい,石等にとまって
地上の昆虫やミミズを探し,見つけると地上に下りて食べることも多い。

体を立ててとまり,尾をぴりぴりと細かく振り,
おじぎをするように頭を下げて,クワックワッと鳴く。
1983年夏,北海道の東大雪で日本では初めて繁殖が確認された。

古くからただヒタキとよばれるのジョウビタキのことで,
その火打ち石をたたくような声から火焚(ひた)きの名がつけられたと言われる。
ジョウについてはヒタキ類の中では上等であるということから上,
雄の頭が白いことから老人を意味する尉(じょう)がついたという説がある。

(『自然観察シリーズ[20]<生態編>バードウォッチング』
      高野伸二 小学館 昭和58年)
野鳥を愛している高野伸二さんの文章には出て来ませんが…(*^ー゜)
広辞苑 第六版』には

黒い翼に大きな白斑があるので俗にモンツキドリともいい,
また,人を恐れないのでバカビタキなどと呼ぶ。
紋鶲。馬鹿鳥。
何を落ち込んでいるのかな(*^▽^*)
メジロがキョロキョロ…
ちょっと一口…
警戒を怠りませんp(^-^)q
南無滋養法蓮華経菠薐草
(『俳句で綴る変哲半生記』)

菠薐草の読みは「ホウレンソウ」
でも,深く意味を考えない方がいいかな(*^ー゜)
何か見つけたのかな(・・?

シジュウカラが昼ご飯を見つけたようです…
真剣に食事中p(^-^)q
ツグミがピタッと止まって…
だるまさんがころんだ
Kazeの子どもの頃は「ぼんさんが○○○いだ」でした(*^▽^*)
午前中は形成外科を受診していたので昼から来たのですが…
18度になって春の陽気だと思っていたら
月曜日くらいには再び冬再来とか…(@@;)
河津桜も震えるだろうな…
次第に風の中に雨の匂いがしてきたような…
今夜から春一番が吹き荒れるかな
最後にモズ♀に会えましたが…