2016年11月8日火曜日

しだいしだいに怪しくなってきて…

空が暗いのにジーッとしてくれなかったメジロ…(T^T)
秋草のしどろが端にものものしく生を栄ゆるつはぶきの花  伊藤左千夫
(『短歌歳時記』近藤芳美監修 長谷部淳編著 桜楓社 昭和58年)
コワイ顔をしていますね…
スズメバチはそれだけ懸命に餌を探しているのでしょうね!

働かねば生きねばならぬ運命をある夕ぐれどきに思うよ
(『歌集 方代』)
この子も忙しそうに飛び回っていました…
山の杉は暗く愚直に四十雀  森 澄雄
(『図説俳句大歳時記 秋』 角川書店 昭和39年)
啄木鳥の木をうつ音が冬を呼ぶ  浅野高月
(『川柳歳時記』 奥田白虎編 創元社 昭和58年)
菊の葩(はな)やひらかせたくて指触るる
(『しづ子』)
今朝は,藪の中に隠れてしまった…
 鴨居りて水(み)の面(も)あかるき山かげの沼のさなかに水皺(みじわ)よるみゆ
(『若山牧水歌集』)
悲しみのかたわれとしもよろこびのひそかにありぬ朝の鵙鳴く  安立スハル
(『現代の短歌』)
  炎上ははるかに昔首都と呼ぶ起伏に沿へるいちやうの黄葉(もみぢ)   今野寿美

 大火のイメージと首都の起伏の遠望が,銀杏の黄変の迫力に相応しく配された一首。
都市空間のスケールの大きさによって,銀杏に新しい抒情性がもたらされた。  
(『岩波現代短歌辞典』)
   雨  

雨がふってゐる
いろいろなものをぬらしてゆくらしい
こうしてうつむいてすわってゐると
雨といふものがめのまへへあらわれて
おまへはそう悪いものではないといってくれそうなきがしてくる

(『八木重吉全詩集2』)
怪しい空模様だなと思っていると
ついに雨が降り出しました。
身のどこか小さき傷もつ秋のばら  長迫貞女
(『カラー図説 日本大歳時記[秋](旧版)』昭和57年)

コスモスの花群(はなむら)に風わたるとき花らのそよぎ声のごときもの  長澤一作
(『現代の短歌』)
通り過ぎた後,何か見えたよなと引き返すと
東へも向(むく)磁石あり蝸牛(かたつむり)

[訳]蝸牛の身の私,東の方角へ向く磁石と同じく東を向いている。
(『蕪村句集 現代語訳付き』)