2015年12月31日木曜日

ご訪問ありがとうございました(*^O^*)/

タンポポが開いているのは霜が降りていないからかな…
よく見ると霜が少し降りていました。
メジロに会えました♪
冬木立責てもあかき華表(とりゐ)かな
○責ても それでもわずかに。
(『井月句集』)

みどりいろですが(*^▽^*)
   師 走

寒ざらしの空に
おころりおころりと軽気球が
たつた一つ浮かんでゐる
そこから何が見えるのですか

(『定本原民喜全集Ⅲ』青土社1978年)

ハナミズキの実が離れられずにいたようです(*゜∀゜*)

いづこへも 立ちてを行(ゆ)かむ 明日(あす)よりは からすてふ名を 人の付くれば (良寛)

山がらす 里にい行(ゆ)かば 子がらすも いざなひて行け 羽根よわくとも (貞心尼(ていしんに))

(いざな)ひて 行(ゆ)かば行かめど 人の見て あやしめ見らば いかにしてまし (良寛)

(とび)はとび 雀はすずめ 鷺(さぎ)はさぎ 烏はからす 何(なん)かあやしき (貞心尼)
・明日(あす)からは,どこへでも飛び立ってゆこう。烏という名をみなさんがつけてくれたので。 (良寛)

・山の烏のお師匠(ししょう)さまが次の里にいらっしゃるなら,子烏の私も誘ってお出かけください。
子烏ですから,羽根は弱く,お師匠さまの足手まといとなりましょうが,足手まといとなりましても。 (貞心尼)

・あなたを誘って行くというなら,行ってもよいのだが,他人がわれわれを見て変に思ったなら,どうしようか。 (良寛)

・鳶は鳶同士,雀は雀同士,鷺は鷺同士,烏は烏同士で仲よく行くのに,何が変でしょう。 (貞心尼)
(『良寛 旅と人生』)
端書一枚来ずつくねんと歳の暮
(『新美南吉全集 第八巻』)
アオジにまた会えたので写していると…
野鳥を撮影している男性に「何かいたのか?」と聞かれたので
「アオジです」と答えると「アオジか…」と向こうへ行かれました。
この時期,よく会える野鳥なので興味がなかったようです。
 Kazeは,ユーミンの「目にうつる全てのことは」ではありませんが(*^ー゜)
1時間ほどの散歩で出会うものでいいなと思ったらなんでも写しています。
 毎日のリハビリ散歩で出会うのは,そんなに目新しいことはありません。
でも,そのおかげでこうやって日々出会う,花や小鳥,虫たちなどから元気をもらっていますp(^-^)q