2015年12月22日火曜日

暖かな冬至(*^^)v

暖かい朝ですp(^-^)q
昨日の雨粒
昨日は冷たい雨が降っていてリハビリ散歩をあきらめましたが…
    

朝から昼
それから晩と
うつつてゆく冬の気持ちは
つい気づかずにしまふ位かすかではあるが
一度親しみをもつと忘れられない

(『八木重吉全詩集 2』)
巻第十(秋の雑歌)2217
君が家のもみち葉(ば)早く散りにけりしぐれの雨に濡れにけらしも 

あなたの家の黄葉は早く散ってしまった。
時雨の雨に濡れたらしい。
(『万葉集(三)』)

 夏の句ですが(^^ゞ

連れ鳴きの声こぼしをる四十雀  上村占魚
(『俳句の鳥・虫図鑑』復本一郎監修 成美堂出版 2005年)
シジュウカラは留鳥(りゅうちょう)なので一年中姿を見ることができるのですが…
 一生を棒に振りたるひと夜(よ)さえ思い返せば影絵のごとし
(『無援の抒情』)
巻第五 秋歌下 313
  同じ(長月)つごもりの日よめる  躬恒  
道知らばたづねもゆかむもみぢ葉をぬさとたむけて秋はいにけり

道を知っていたならば,あとを追って尋ねてゆこう。
もみじ葉を幣として手向けて秋は行ってしまった。
○長月 九月。○つごもりの日 月末の日。
○道 秋の帰ってゆく道。秋を擬人化して,地上のどこかへ帰ってゆくものと見なした。
(『新版古今和歌集』)
朝早い道のいぬころ
(『尾崎放哉全句集』)
開いてしづかに,ぽとりと落ちた
(『山頭火著作集Ⅳ 草木塔(自選句集)』潮文社 昭和46年)
冬草に来て舞ふ塵の日に透ける
(『定本原民喜全集Ⅲ』青土社1978年)

冬薔薇(フユサウビ)そつと冷たく握りたる
(『新美南吉全集 第八巻』)
 冬雨やうらなふことを好むさが
(『句集 春雷』)

立枯の木々しらじらと立つところたまたまにして啄木鳥の飛ぶ
(『みなかみ紀行』)
啄木鳥の仲間で一番小さいコゲラ(^_-)-☆



一瞬シャッターを押すのが遅れた(;'∀')
メジロも一緒にいました(^^♪


アクロバットのような体のしなやかさに惚れ惚れします(*'▽')
今日が冬至ですが(^^ゞ

うどん屋であすは冬至と聞きにけり
(『俳句で綴る変哲半生記』)