2015年12月16日水曜日

帰る頃になって…

キク科の野草なんだけど見慣れないなと
と言うのは…
葉が細い
検索すると「ナルトサワギク(キク科)」のようです…
可愛い花ですが急速に分布を広げていて
家畜が食べると毒性が強く「特定外来生物」に指定されています。
この子も外来で分布を広げましたが
ひょうきんな顔の「ホトケノザ
検査入院の時に心を和ませてくれました(*^。^*)
リハビリ散歩に出かけようとした時に空を見ると真っ黒い雲
雨が降っていたので,いつもよりも遅く出かけた

冬の薔薇日々事なきはつまらなく
(『鈴木真砂女全句集』)

薔薇咲きて夜目(よめ)にも白し君をわれ夢のさかひに待つここちする
(『与謝野晶子歌集』)
冬雨やややふさがりし指の傷
(『句集 春雷』)
れいろうとして水鳥はつるむ
(『山頭火句集』)
花輪のように並んでいたのはどなたかが並べたのかな(^v^)
あぢきなや椿落(おち)うづむにはたず(づ)

にはたずみ―行潦(にはたづみ)。
急雨のため庭にたまり流れる水。
(『蕪村俳句集』)
なんか豹柄のおばちゃんが見ているような(^v^)
 ハナミズキの実が残っていました(*^。^*)
 しぐるゝや軒(のき)にはぜたる梅もどき
(『一茶俳句集』)

曇り空にシジュウカラ
 こわれない夢をみんため朝早く起きて廊下を糠で光らす
(『青じその花』)

この句を転記しながら,小学校の頃,
糠の雑巾で教室の床を磨いてたことを思い出した(*^。^*)
可愛い男の子が目に映るものすべてが感動というように
お母さんに指さしながら歩いていました。
お母さんも子どもの目線の高さになって我が子の発見を楽しんでいるようでしたp(^-^)q


シジュウカラの朝ご飯は幼虫かな(・・?
ウグイスの笹鳴きが聞こえ探したのですが…
ピントを合わせる暇がなかった(・_・;)
石の寿(いのち),床に置けば遠山(とおやま)のごとし  荻原井泉水            
(『日本の詩歌 19』)

帰る頃になって青空が見えてきました。
なんか子どもの頃に使っていた洗濯板を思い出した(^◇^)