2015年12月15日火曜日

朝のうちは(*^。^*)

せきれいひとりでくるわたしがひとり  荻原井泉水            
(『日本の詩歌 19』)
  放哉居士の作に和して
鴉鳴いてわたしも一人
(『山頭火著作集Ⅳ 草木塔』潮文社 昭和46年)

「放哉居士の作」は

咳をしても一人
(『尾崎放哉句集』)
だと思います(*^。^*)
夫の背に一本の尾花呈せむか若き日駿馬たりしその背に
(『沢口芙美歌集』)


 きりぎしの紅葉あかりをくぐるなり
(『句集 春雷』)

きりぎし【切(り)岸】 きり立ったけわしいがけ。断崖。
(『新明解国語辞典 第四版』)

    

葉よ,
しんしん と
冬日がむしばんでゆく,
おまへも
葉と 現ずるまでは
いらいらと さぶしかつたらうな
葉よ,
葉と 現じたる
この日 おまへの 崇厳

でも,葉よ
いままでは さぶしかつたらうな
(『八木重吉全詩集1』)

 巻第四(相聞) 762
  紀女郎(きのいらつめ)の,大伴宿祢家持(おほとものすくねやかもち)に贈りし歌

(かむ)さぶといなぶにあらずはたやはたかくして後(のち)にさぶしけむかも

もう年老いたからと,拒むのではありません。
もしかして,こうして逢った後で寂しい思いをするのではないでしょうか。
(『万葉集(一)
巻第四(相聞) 764
 大伴宿祢家持の和(わ)せし歌一首
百歳(ももとせ)に老いて舌出(い)でてよよむとも我(あれ)はいとはじ恋は益(ま)すとも

百歳にもなって老人くさく舌が出て,腰が曲がったとしても,私は少しも嫌ではない。
ますます恋しくなることはあっても。
▽764の「神さぶ」に対して,「あなたが百歳にもなって,いかに醜い老相を呈したとしても」と応じた。
「百歳」は,人間の寿命の限界を言う語。
(『万葉集(一)』)


コゲラに出会ったのだけど…見失った(-_-;)



エナガも一緒にいました♪


エナガはヘルパーがつくことでよく知られている。
冬の群れのメンバーで、相手のみつからなかった独身のオスや、
繁殖に失敗したほかのつがいなどがヘルパーとして子育てを手伝いにくるのがふつうである。
シジュウカラの巣へ手伝いに通ったという例もあるが、
そこまで人の好い鳥だとは誰が予想しただろうか。

(『鳥のおもしろ私生活』)
シジュウカラもいて混群に出会いました(*^。^*)
羽づくろいをしていました(^v^)

ヌーッと顔を出した(^v^)

コゲラの仕草に似ているのは,一緒に行動して学習したのかな(^v^)



ヤマガラも一緒にいましたp(^-^)q

[名前の由来・文化] 「ガラ(カラ)」は小鳥で,名は山にすむ小鳥という意味。
また,飼い慣らして芸を仕込むとよく覚えるので,
昔は縁日の見世物で,ヤマガラにおみくいを引かせたり,
つるべで水を汲ませたりするものがあった。(『俳句の鳥・虫図鑑』復本一郎監修 成美堂出版 2005年)
再びジョウビタキ♀に会えました♪

最後に出会ったのが「飴あげようか?」と声をかけてくださったご婦人(*^。^*)
以前,声をかけられたときは「僕も持っています」と言って断ったので(^^ゞ
今回は「飴を交換しましょうか?」と答えて
飴を交換しました。Kazeは残り1個だったのですが…
ご婦人は二個下さった(*^_^*)