2015年12月3日木曜日

雲の動きがはやく…

強風にあおられて公園の入口にあるメタセコイヤが大きく揺れていました…
朝からの雨は止んでくれましたが…

初冬の野のうららけさ来てみればもみぢせぬ草も木もなかりけり
(『若山牧水歌集』)
青空が広がっていると思うと
黒い雲が太陽を隠しています…
今日は今日の悔いを残して眠るべし眠れば明日があり闘いがある
(『青じその花』)
強風に負けずに飛んでいるシジュウカラ
銀杏吹散る風に傘おされ行く
(『尾崎放哉全句集』)
あさ風が電車のなかに吹き入れし
柳のひと葉
手にとりて見る

(『日本の詩歌5石川啄木』)

カナリーヤシなんですが…
なんか先日亡くなった水木しげるさんの妖怪に出てきそうな…

冬紅葉身軽な旅に出たりけり
(『鈴木真砂女全句集』)

原発を拒みつづけて枯野なる
(『俳句で綴る変哲半生記』)

福井・高浜町長 原発再稼働に同意表明」というニュースで政府が責任をとるというけど
福島を見ていてどんな責任の取り方があるんだろうと思う。
一度だけしか写せなかったジョウビタキ
もう一度シジュウカラに会えました♪

昼ご飯は何かな…(・・?