2017年12月7日木曜日

霜が降りた朝は…

今朝は、霜が降りていました。


霜は晴れて風のない夜によく降りる。
そのような夜は放射冷却が強まるからである。
そのしんしんとした静寂を一種の音と感じたのが「霜の声」。

「霜の冴(さえ)」ともいう。
霜凪(しもなぎ)という言葉もある。
霜日和、霜晴れ――霜が真っ白に降りるような日は、たいてい晴天である。
 (倉嶋 厚)
(『四季の博物誌』荒垣秀雄編/朝日文庫1988年)
クルクル回ってダンスをしていたのは…
枯れ葉のペアーでした(^_-)
ふり向かず別れては来ぬ別れ来て冬木の道に涙こぼしき  潮 霧子
(『昭和萬葉集 巻六(昭和16年~20年)』講談社 昭和54年)
   冬のはじめによめる
春といひ 夏と過ぐして 秋風の 吹上(ふきあげ)の浜に 冬は来にけり

春になった夏が来たなどと言っているうちに、
秋風の吹く吹上の浜にとうとう冬が訪れた。

四季を詠みこんだ即興的な歌。
昨日(きのふ)といひ今日(けふ)と暮してあすか川流れて早き月日なりけり
(『古今集』冬、春道列樹 はるみちのつらき)が念頭にある。
◇吹上の浜 紀伊の国(和歌山県)の歌枕。「吹き」を掛ける。
(『金槐和歌集(旧版)』昭和56年)
メジロが意を決したような…
「ツメタクナイゾ!」
「キモチイイゾ!」
連れてきて渓間溜(たにまだま)りの水浴びる小鳥の濡れし顔の可憐さ  杉本石舟
(『昭和萬葉集 巻二十 昭和五十年の回顧 昭和50年』講談社 昭和55年)

「可憐」というより「キアイダ!」と叫んでいるみたいですが(o゜▽゜)o
薔薇抱いて湯に沈むときあふれたるかなしき音を人知るなゆめ  岡井 隆
(『現代の短歌』)

○ ○ ○ ○

今日は、妹の家でトイレの改修工事が行われていたので
夕食はのんびりしようと外食にしました。
母が好きだったお蕎麦屋さんでいただきました(o^^o)

2 件のコメント:

  1. こんばんは~

    いいですねぇ~(^^♪
    メジロ君たちの水浴び。
    楽しそうです。
    山茶花を突いているのは、よく見かけるのですが。。。
    一度水浴びを見てみたいです。(^-^;

    >夕食はのんびりしようと外食にしました。
    のんびりがいいですね。( ◠‿◠ )


    返信削除
    返信
    1. カイさんおはようございます(*^O^*)/

      今朝は、雨なので大人しくしています(^0^;)

      いつも手水を覗くのですが、なかなか水浴びに出会えませんでした
      昨日は、メジロたちの群れに出会い、もしかしたらと思い
      手水を覗くと水浴びをしてくれました(o^^o)
      カイさんの庭でもしてくれるといいですよね!

      妹の家の改修は、二日間もあるのでのんびりしようと外食しました。
      若い時は、少々のことでも疲れが残らないのですが
      もういいかげんな歳なので無理は禁物ですよね(^_-)

      削除

申し訳ありませんが,日本語だけを受けつけますm(_ _)m