2016年3月30日水曜日

ぐんぐん気温が上がってきたような…

暖かい朝(*^-^*)
我がきぬにひしみの桃の雫(しづく)せよ

伏見(京都市)西岸寺(さいがんじ)の名高い桃の花よ,
花の余滴で私の旅衣を霑(うるお)しておくれ。
仙桃と,八十歳のの上人(しょうにん)の徳の余慶を願った挨拶吟。
(『袖珍版 芭蕉全句』)
ツグミは姿勢がいいです(*^▽^*)

 花壇と違うところにムスカリが咲いていました。
たしか球根で増えるはずなんだけど…
何ごとも 移りのみ行く 世の中に 花は昔の 春に変はらず

何ごともみな,移り変わってゆくこの世の中で,
ふるさとの桜の花だけは,昔の春と変わらず美しく咲いていることだ。
(『良寛 旅と人生』)
シジュウカラ♂


桜の花も場所によって咲き具合が違うので
巡回しているのかな(*^ー゜)
ジョウビタキ♂

クサガメかなあと思ったけど交雑種かな(・・?

「意地悪はいないかな」


「キモチイイ…」(^。^)
山田孝雄著『櫻史』に「仏行坊の花見」という文があります。
昭和16年に出版された本なので難しいですが大意はつかめると思います。
仏行坊の僧都,名は敬己。
もと比叡山無動寺善住院の住職なりしが中年に院を辞して,

坂本に隠居し,律儀を保ち専心仏事を行へり。
しかも風月をめづる情やまず木草の花を愛するのみならず,俳諧をも好み,
その道にては「都不覚」とぞ名をつきし。

或る年の三月,比叡山の僧多く打ち群れて仏行坊が庵を訪ふに,
櫻盛なりしかば,皆々此をめでたれば,
「此の花のうつろはぬ間に今一度見に来給へかし」といふ。
衆僧その約を忘れず,他日又誘ひつれて行きたるに,
ひねもす唯(ただ)茶を出せるのみにて何のもてなしとてもなし。
長き日も暮れかかりければ,
「さるにても今日は花見として招き給ひしものなれば,

ただにはあらじと思ひしに,思ひにたがひたる事なり」といひしかば,
仏行坊顔をしわめて曰く,

「さてもにがにがしき山法師かな。
かかる花を見ながら尚心の飽き足らで飲食を求むるやうやはある。
かく足る事を知らぬ心にては山王や大師の冥加もよもあらじ」
(*)と戒めきとかや。
 げにも面白き花見かな。
出家脱俗の花見はかくこそありたけれ。
さるにても,かの花の興もさめ果ててひだるき腹をかかへつつ,
さしも険(けは)しきかの坂をすごすごたどりかへりけむ
売僧(まいす)の後姿の如何にをかしかりけむ。

◇現代語訳
(*)なんと哀れむべき山法師どもよ。
このように美しい花を見ていながら,それでも まだ満足しないで,
その上に飲食を求めるという法が有ろうか。
このように充足する事を知らない心では山王権現の加護を受けることも有るまい。
    〔近世畸人傳 巻三〕
頭が大きいな…
アリの種類は多いので???ですが
トビイロシワアリかな(・・?
タチイヌノフグリに似ていると思ったのですが…

モズ♂
 こころよく 
春のねむりをむさぼれる
目にやはらかき庭の草かな

(『日本の詩歌5石川啄木』)
愛嬌のある花だなといつも思う(*゜∀゜*)

 ウマゴヤシ(マメ科)
地面をはうように広がり,茎から黄色い小さな花をつけます。
この花は馬を肥やすよい牧草なので,
「馬肥やし」という名になったそうです。
ヨーロッパ原産の帰化植物で,
江戸時代に牧草として渡来してから日本中に広まっています。
日当たりのよい道端や海岸に多いです。
●分布:帰化植物(ヨーロッパ原産)
●花期:3月~5月

(『花のおもしろフィールド図鑑(春)』)