2016年3月10日木曜日

雨がやんで(*^-^*)

ホトケノザが「今朝は雨が止んだけど…サムイネ!」なんて話しているのかな('-'*)
この時期の ボタンを見ていると
いつも不動明王を連想します(*^▽^*)
モクレンも開き出しました♪
アオジ♀が「桃の蕾も膨らんだ」と(*^ー゜)
ヤマガラも桃の花を見ていますが…
先日のようなことはしませんでしたよ(*^▽^*)
メジロは全長12センチほどの小さな野鳥です。
英語ではジャパニーズ・ホワイトーアイと呼ばれますが,
その名前のとおり目の周りに,はっきりした白いアイリング(サークル)があります。
頭から背中にかけてオリーブかかった緑色,
のどは黄色みを帯び,腹部は白い色をしています。
春になるとせわしく首を左右にふり,忙しそうに移動しながら
「チョーベエ,チューベエ,チョーチューベエ」と一生懸命に鳴きます。
メジロは平地から丘陵地の林に棲んでいますが,
最近では住宅地でもよく見られるようになっています。
昆虫などを餌にしていますが,甘いものが大好物で
ストローのようなクチバシでウメやサクラの蜜を吸い,
熟した果物を食べによくやってきます。

餌の少ない冬には庭のサザンカやツバキなどが植えられていると,
メジロの姿を見ることができます。
メジロの巣はお椀のような形をしクモの糸やシュロの皮,
犬や猫の毛などを使って樹木の枝につくります。
タマゴは4~5個ほど産み,巣のなかから顔だけだして抱卵します。
約11日ほどで孵化し11~13日くらいで巣立ってしまいます。
小さくて弱い鳥だけに,すばやく成長できるようになっているのでしょう。

(『フシギがいっぱい! 都会の自然観察がおもしろい』)

雨もたぬ朝の曇りや落椿
(『井月句集』)
 昨日の夕刊にこんな記事が

野鳥のシジュウカラは鳴き声の「単語」を二つ組み合わせて「文」をつくり,
その「語順」を聞き分けて意味を理解している,とする研究成果を
総合研究大学院大の鈴木俊貴博士研究員らのチームがまとめた。

シジュウカラは10種類以上の鳴き声を組み合わせて多様な鳴き方をするとされる。
鈴木さんらは,野外に置いたスピーカーから,危険を知らせる「ピーツピ」と,

仲間を呼ぶ「ヂヂヂヂ」という2種類の鳴き声の録音を流し,
周囲にいたシジュウカラの行動を観察した。
21羽のうちの大半が「ピーツピ」単独では首を振って周囲を警戒し,
「ヂヂヂヂ」単独ではスピーカーに近づいた。
二つを組み合わせた「ピーツピ・ヂヂヂヂ」では,

多くが盛んに首を振って警戒しながらスピーカーに接近した。
次に,別の34羽を対象に「語順」による違いを比べた。
野生のシジュウカラが発することがめったにない

「ヂヂヂヂ・ピーツピ」という組み合わせを流すと,
「ピーツピ・ヂヂヂヂ」の時よりも,

警戒行動やスピーカーに近づく行動が明らかに鈍くなった。
鈴木さんは「シジュウカラは鳴き声の『語順』まで理解している。
こうした言語能力がヒト以外で確認されたのは初めて。
他の鳥でも同様の能力がみられるか解明したい」と話している。

2016年3月9日A新聞夕刊
キクイタダキに会えたけど ピントも露出も合せることができなかった(T^T)
マガモたちがいるとカメラを向けると青いものが飛んでいった…
カワセミでした(>_<)
ベニバスモモが咲き出しました(*^_^*)
アオジ♂
トサミズキ ―春の光に輝く穂先 (マンサク科)
「土佐水木」のことで,いうまでもなく高知県に自生する。
ミズキは,春先に枝を折ると水がしたたり落ちるほどの多い木の意味である。
枝いっぱいに淡黄色の小花を下垂し,
早春の生花として需要が高まっている。
この仲間に,ヒュウガミズキ(日向),
キリシマミズキ(霧島山),コウヤミズキ(高野山)がある。
ちなみに,「日向水木」は日向国(宮崎県)の原産ではなく,
丹波,丹後,とくに舞鶴に自生がみられる。
語原は丹波の名君,明智日向守光秀の名を取ったという説が有力である。
花が美しいのはトサミズキで,花の数は7ー8個もぶら下がる。
生け花の世界では,初心者には生けにくい花材のひとつといわれる。
にぎにぎしく,かえって変化に乏しくなるそうである。
「美は乱調にあり」。
どの世界にも通用することばである。
でも,春の光に輝く穂状の花は,甘くこびるにおいをあたりに溶けこませている。

(『ひょうご 花の散歩』岡本高一著/のじぎく文庫 1993年)
アンズの花が三分咲ほどになりました(*^-^*)
 ハシボソガラスがパンを水に浸けて食べていました。
20年近く前に硬くなったコッペパンを
水溜まりにつけて食べていた烏を見たことがあります。
一説によるとカラスの頭脳は人間の3歳児と同程度だといわれている。
それはともかくカラスは人の言葉をまねたり,
食べ物を枯れ葉のしたや倒木のしたなどに貯蓄し,
あとで掘りだして食べたり,クルミなどを空から落として割って食べたりする。
また,巣が乗っている木を知らずに切り倒してしまったところ,
親カラスからしつこく追いかけられた,という話しも残っている。
このような行為を目にすると,知能が極めて高いといわれるのもうなづける。

(『フシギがいっぱい! 都会の自然観察がおもしろい』)
スモモのツボミから白い花びらが見えてきました(^_^)v